アトピスマイルクリームで脱ステロイドもできるのは本当?

アトピスマイルクリームは、アトピーでお悩みの多くの方から支持されているクリームです。

アトピスマイルクリームには、ライスパワー№11という成分が配合されており、この成分は水分保持機能の改善が認められており、肌は水分保持がきちんとできるようになるとバリア機能が高まり、アトピーの改善にとても有効であるということがわかっています。

アトピーは、根治が難しいと言われている皮膚疾患です。

一度発症すると、症状が軽い時や悪化したりなど変化はあるものの根治はできないかもしれません。

現在の主な治療法は「治す」治療ではなく「症状を緩和」させる治療法です。

抗アレルギー薬やステロイドを使って今の症状を軽く、楽にする治療ですね。

では、アトピスマイルクリームを使うと、これらの薬は使わなくても大丈夫になるのか?と言いますと、「すぐに」は、無理だと思います。

効果には個人差がありますから、短期間の使用で改善される方がいるかもしれませんし、長く使っていく中で改善していく方もいると思います。

また年齢により肌も変化していきますので、どのくらいの期間継続したら改善されるのかということは言えません。

話が少しそれますが、私の子供はアトピーがあります。

生後3か月くらいの時から私は、たぶんアトピーだろうなと思っていました。

しかし、掛かり付けお医者さんからは、まだわからないから様子見と言われ続け、7歳くらいになって、毎年同じ症状が現れても、まだわからないから様子見と言われていました。

主人の家系からアレルギー体質であることはほぼ確実でしたし、喘息気味ということもあり、アトピーもあるだろうなと思っていましたし、そこの小児科ではアトピーではないと思うから、という理由から薬を処方してもらえず、私もその医師が仰るように保湿や清潔にするなどできることはやりましたが、症状は悪化していくので思い切って他の皮膚科医を受診しました。

すると「これはアトピーだね」と即答されました。

やっぱりそうだったかという思いと、これからアトピーと戦うんだなという思いと、色々な気持ちが入り混じりました。

冬はかなり辛そうになるときもありますが、気候や陽気により変化があったり、食べ物でも変化があることがここ数年でわかってきた気がします。

ある年の冬は暖冬で年末くらいまで暖かいような年は、アトピーが軽く、新年を迎えた頃から一気に寒くなると同時に症状が悪化し、花粉の季節になってもまだ痒みが強く続いたという時もありました。

話を戻しますね。

何が言いたいのかといいますと、その時その時により症状の現れ方は異なります。

今までは夏場は全く症状がなかったのに、今年は結構ひどいです。

ステロイドではありませんが軟膏が手放せません。

冬に帰省したときに泊まったホテルで暖房のきいた室内で長時間過ごしたことで、症状は一気に悪化し、数か月治らないこともありました。

ですから、例えばアトピスマイルクリームを使って数か月で症状が改善されたと思っても、それはアトピスマイルクリームの効果ではなく、肌にとって良い環境が続いたのかもしれないということです。

長く続けて、その間、ひどくなったり軽くなったりを繰り返しながら改善されていく人もいると思いますし、どんどん改善する人もいるかもしれません。

ずっと改善されなくて諦めかけた頃に気づいたら改善されていたという人もいるかもしれません。

そういうことも考慮して、アトピスマイルクリームを使うからと言って、突然ステロイドの使用を中止はしないでください。

突然ステロイドを中止すると、リバウンドで悪化します。

ゆっくり時間をかけてステロイドを減らしていくと良いです。

ステロイドを減らしていき、それを体に慣らしていき、アトピーが比較的軽く辛くないときにアトピスマイルで肌質を改善させていくという方法がコツと言えます。
アトピスマイルの口コミ!ライスパワーNo11効果なの?

根治させるのは難しいですが、アトピスマイルの使用で脱ステロイドは夢ではないと思います。

焦らずじっくり取り組んでください。
公式サイト↓


u