ライスビギン トリートメントソープの全成分と有効成分は、どれ?

ライスビギンと言えばオールインワンジェルが高い人気を集めている化粧品メーカーですが、こちらの会社から発売されている洗顔が今大きな注目を集めています。

ライスビギントリートメントソープは、あまりに購入が殺到したため3ヶ月待ちとなってしまい、さらには口コミサイトでも大きな反響を集めています。

この洗顔のコンセプトは、乾燥小じわを目立たなくする「潤う石鹸」と言うことです。

洗顔石鹸はどれも同じ。
このように考えてしまっている女性も多いかもしれませんが、実はスキンケアの中で1番重要となってくるのが洗顔です。

私たちの肌は乾燥にとても弱く、肌内部のうるおい成分が減少し、肌表面もかさかさと乾燥してしまうことでバリア機能を低下させてしまいます。

バリア機能が低下した肌状態は非常に不安定となるため、外部からの刺激に反応しやすくなり、肌トラブルを度々発生するようになります。

そこで肌を健やかに保つために必要な保湿に着目して開発されたライスビギントリートメントソープは、洗うたびに肌が潤うほどの機能性の高い洗顔となりました。

実際に購入された方の口コミを見ても、数多くの方がそのうるおい効果を実感しており、さらに肌に不必要な古い角質や老廃物を取り除きながら、必要な潤いは保持することが可能です。

では、ライスビギントリートメントソープには一体どのようなうるおい成分が配合されているのでしょうか。
まずは配合されている全成分をご覧ください。

「ライスビギントリートメントソープ全成分」

カリ含有石ケン素地、水、ラウリン酸、米抽出液(ライスパワーNo.3)、グリセリン、クエン酸、ポリクオタニウム−51、トコフェロール

配合されている成分を見ると、ライスパワーNo.3という成分が配合されていることがわかります。

この成分はライスビギントリートメントソープの有効成分となるもので、お米から抽出された非常に効果の高い成分となっています。

ライスパワーにはいくつかの種類があり、効果効能がはっきりと分かれていますが、ライスパワーエキスNo.3に関しては余分な汚れをしっかりと除去しながら潤う効果が期待できます。

つまり洗うたびに肌が潤ったような感覚になるのは、ライスパワーエキスNo.3の高い実力のようです。

今、日本ではライスパワーがとても注目を集めており、報道ステーションやNHK国際放送等意外に多くの番組で紹介されています。

また、アトピー関連の商品にもライスパワーは大活躍となっており、これからの時代ライスパワーエキスがかなり有効であることがわかります。

ライスパワーエキスはNo.11がとても有名なため、No.3に関してはまだまだ知名度が低いのが現実です。

しかし美容業界でこれだけ注目を集めている今、これからの時代はライスパワーエキスNo.3が大きな人気を集めるかも知れませんね。
ライスビギン トリートメントソープの口コミ評価!なぜ石鹸で潤いアップ効果?
トリートメントソープをまだ試したことがない方は、是非この機会に取り入れてみてくださいね。

us