ライースリペアのインナーモイスチュアローションは、他と何が違うの?

芸能人のブログや口コミサイトでも圧倒的な人気を集めているライースリペアのインナーモイスチュアローション。

この商品はいわゆる化粧水ですが、一般的に販売されている化粧水と一体どのように違うと言うのでしょうか。

あまりに口コミが良かったので、私自身でも実際に購入してその効果を実感してみました。

まずは私が使ってみて感じた感想を簡単にご紹介します。

私は今までに美容関係の仕事をしてきたこともあり、あらゆるメーカーのさまざまな化粧水を試してきたことがあります。

そして自分自身の肌は敏感肌でアトピー体質です。

商品の中には使ってすぐに痒みが発生して炎症が出るものもあり、購入するときには必ず肌に優しいものを選ぶようにしてきましたが、肌に優しい=あまり効果を実感できないものも多いのが現状でした。

しかし、肌に負担をかけない化粧水の中にも確かな効果を実感できるものがあります。
私にとって実感できた唯一の化粧水がインナーモイスチュアローションでした。

インナーモイスチュアローションに配合されているのはライスパワーNo. 11エキスとなっており、厚生労働省も認可している肌の水分保持機能の改善することができる成分です。

実際に使ってみて感じたのはすーっと吸い込まれるような確かな浸透力です。

保湿化粧水の多くはとろみのついているものも多く、肌の表面は潤った感覚がありますが、肌内部はつっぱるようなインナードライの感覚が取れませんでした。

しかしインナーモイスチュアローションは肌の奥深くまで有効成分が行き渡っている感覚があり、肌内部の乾燥した感覚に即効性を発揮してくれました。

私は基本的に冬になると肌が乾燥してカサカサと粉がふいてしまう事も多く、ファンデーションのノリがとても悪い日が多かったのですが、インナーモイスチュアローションを使い始めてからは、ファンデーションがぴったりと密着するようになりました。

これは実際に私が使ってみて実感することができた感想です。

ではなぜこのような他の化粧水との違いを私自身も実感することができたのか調べてみると、私たち人間の肌は体調や季節等の変化により水分を保つ力が低下していきます。

若い頃は肌の調子が良かったのに、30歳を過ぎてから調子の悪い日が増えたと実感している方が多いのは、この水分を保つ力が低下している証なのかも知れませんね。

水分を保つ力が低下してしまう大きな原因は、細胞同士を結びつけるセラミド自体が減少してしまうことや、肌のバリア機能自体が低下してしまうことです。

インナーモイスチュアローションに配合されているライスパワーNo. 11はこの皮膚の水分保持機能に高い効果を発揮することが実証されているため、水分を保つ力が低下している肌に抜群の効果を発揮してくれます。
ライースリペア実感セットの口コミ評価!なぜ人気なの?

今まで使ってきた化粧水ではなんとなく潤いが足りないと実感している方は、ぜひインナーモイスチュアローションの高い保湿効果を実感してみて下さい。

インナーモイスチュアローションは、今ならお得なライースリペア実感セットで試せます。

⇩⇩お得なコースがある公式サイトはこちら

us